巨大少女になってビルを殴り倒す ケイブ、「破壊・爽快」がテーマのVRゲームを発表

『怒首領蜂』など弾幕シューティングゲームの老舗として知られる株式会社ケイブは、2017年リリース予定のVRコンテンツ『A.I am Monster(予定)』を開発中と発表しました。

巨大少女になってビルをなぎ倒す爽快アクション

ビル街に影を落とす巨大少女。

その腕でビルを殴りつけ、叩き潰し、なぎ倒していきます。

株式会社ケイブは、2017年リリース予定のVRコンテンツ『A.I am Monster(予定)』の開発を発表、同時に同作のプロモーションPVを公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=_8HB29R6RBc

ハンドコントローラーを振り抜くとビルが破壊され、「経済損失」得点を獲得。ゲームが進むと、自衛隊と思しき軍隊も少女を襲撃し始めます。

破壊したターゲットの経済損失でスコアを稼ぎ、いかに最高損失額を目指すかを競い合う「爽快アクション型VR」となっています。

ケイブは現在テストプレイが可能な段階まで開発が進んでいるとしており、今後ブラッシュアップを重ね2017年のリリースを目指すとしています。

© 2016 CAVE Interactive CO.,LTD.

(参考)

株式会社ケイブ – プレスリリース

https://www.cave.co.jp/jp/4494/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ