車の内装や外装をVRゴーグルで360度チェック 中古車サイト『カーセンサー』が導入

中古車情報メディア『カーセンサー』は、車を内装・外装共に360度見ることのできる機能を追加しました。さらに、2月21日に、メーカーを越えた車種・グレード比較検討機能が追加される予定です。

外見や内見を重要視する要望が背景

2015年に同社が行った中古車購入実態調査で、車の購入を思い立つ要因として、車の外見や内見に関する要因の割合が高いことがわかりました。さらに、メーカーを越えて車種を比較検討したいとの声が多く聞かれたため、今回の機能追加に至ったとのこと。

今回追加された新機能は、車の外装・内装を360度で閲覧する事ができる機能です。

車の外装360°View

外装では、ドアがしまった状態だけでなく、ドアやボンネットがオープンした状態も見ることができます。

内装Viewは、スマートフォン装着型のVRゴーグルに対応しています。
PC・SPサイトのカーセンサー車カタログ(http://www.carsensor.net/catalog/)にアクセスし、対応車種のページを閲覧することで利用可能です。
新機能は、C-HRをはじめ、新車発売中のSUV・ミニバンを中心に約30車種に対応しており、今後、順次車種を追加していく予定とのこと。

他にも、2月21日に新機能として、メーカーを越えた車種・グレード比較検討機能が搭載される予定です。

自動車メーカーは、試乗体験へVRを多く活用しています。ジャガー、アウディやランボルギーニなども店頭で実際の乗車体験ができるサービスを行っています。

(参考)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000254.000010032.html

http://www.carsensor.net/catalog/

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ