Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース

Googleは、VRコンテンツを開発する際のノウハウをまとめたアプリ「Cardboard Design Lab」をGoogle Play Storeにてリリースしました。VRコンテンツを開発するにあたっての、空間の構成やデザインの基礎10項目を学べる体験がわずか10分程度でまとめられています。

10項目は以下の通りです。

1.Using a Reticle(十字線(ポインタ)の使用)
2.UI Depth & Eye Strain(奥行きと目の疲労)
3.Using Constant Velocity(一定の移動速度)
4.Keeping the User Grounded(地面の移動)
5.Maintaining Head Tracking(ヘッドトラッキングの調整)
6.Guiding with Light(光による誘導)
7.Leveraging Scale(スケールにレバレッジをかける)
8.Spatial Audio(空間を活かしたオーディオ)
9.Gaze Cues(手がかりを見つめる)
10.Make it Beautiful(美しく魅せる)

cardboard-design-lab-app-1

cardboard-design-lab-app-2

cardboard-design-lab-app-3

同社はダンボール製のVRデバイス「Google Cardboard」を提供しています。今回の開発者向けのアプリでは、Cardboardとはじめとした、VRコンテンツの開発全般に活用できるエッセンスがまとめられており、Oculus Rift等のVRヘッドマウントディスプレイでコンテンツを開発する際にも参考になるコンテンツに仕上がっています。

Androidアプリのダウンロードはこちらから

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/