衝撃のモーションプラットフォーム「CableRobot Simulator」。VRへの完全な没入を実現

現在、VRを取り囲んでいたヘッドトラッキングや高いフレームレートの実現といった問題は解決されました。次のステップとして注目されているのは、プレイヤーの精神と生理機能を同時に感化させる完全な没入体験を目指す事です。

追求をしていくと大掛かりな装置になることもしばしば。
今回紹介するのは、最新鋭のモーションプラットフォーム「Cable Robot Simulator」です。

https://www.youtube.com/watch?v=cJCsomGwdk0

「CableRobot Simulator」は、中央のコックピットをハーネスで固定する仕組みです。椅子のついたコックピットは、複数のウィンチがハーネスを引っ張ったり緩めたりすることで、上昇や下降から回転までのあらゆる動きが可能となっています。人工頭脳学を研究するMax Planck 研究所チームとFraunhofer IPAにてロボット研究をしているチームの共同で制作しています。かなり自由度の高い動きを可能にしていますが、それぞれの部屋の大きさによって制限されてしまうという弱点もあります。ヘッドトラッキングには、独自の光学追跡システムを使用しています。Oculus Rift DK2のトラッキングシステムは「CableRobot Simulator」用に適しないとのこと。

同チームは、Unreal Engine 4で制作した飛行機や自動車のシミュレーターといった専用コンテンツの制作も行っています。テーマパークでこういったアトラクションを体験できるようになるかもしれませんね。

フライトシミュレーション
image01

ドライブシミュレーション
image02

(参考)
・RoadtoVR_CableRobot’:Crazy Motion Platform for Complete VR Immersion,If it Doesn’t Kill You
http://www.roadtovr.com/cablebot-a-crazy-motion-platform-for-complete-vr-immersion-if-it-doesnt-kill-you/

※Road to VRとMoguraVRは、パートナーシップメディアです。

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/