【Gear VR有料アプリ】VRらしさを1つに絞ったインベーダー風アクションパズルVRゲーム『Break a Brick』

Gear VR向けには無料ゲームだけでなく、有料ゲームも次々とリリースされています。1本数百円とはいえいきなり購入するのも少し躊躇する方もいるかもしれません。
そこで有料ゲームもMogura VRでは積極的にレビューしていきます。

今回紹介するのはリリースされたばかりの新作ゲーム『Break a Brick』です。合わせて通常のAndroid版アプリもリリースされています。

screenshotshare_20150730_181057

『Break a Brick』は、宇宙に囚われた猫を救い出すために宇宙空間に浮かぶブロックを破壊して星々を旅していくというストーリー。
ブロックの壊し方は、一度吸い込んだブロックを同じ色のブロックにぶつけていく。同じ色のブロックにぶつけることができれば高得点となり、一定の点数を超えるとステージクリアとなります。

Capture_20150730_171412

ブロックの並び方はスペースインベーダーに似ており、ブロックの列がプレイヤー側に迫ってくる中を右に左に移動するまさにインベーダー的なプレイ感になります。

色が変化するブロックなどの仕掛けも色々とあったり、ステージの数も100近く用意されていたりと、やりごたえのあるボリュームに仕上がっています。1ステージは非常に短く1分程度でクリアできるため、短時間のプレイにも適したカジュアルなデザインといえるでしょう。

Capture_20150731_192545

コントローラーでの操作が全て、そしてゲームとしてはいわゆるVRではないゲームとデザインは似ているため、プレイ中にVRらしさはあまり感じません。しかし、ステージが進むにつれブロックの列が異常に長くなってくると先にあるブロックを見るために見上げなければいけなくなるところで、画面サイズにとらわれない宇宙空間の広大さが伝わってきます。

Capture_20150731_194023

スマートフォン向けにもリリースされていることから、最初から最後まで全てがVRらしいわけではなく、ワンポイントに絞ってVRだからこそのゲームデザインを取り入れたゲームです。

<ソフトウェア情報>
「Break a Brick」
【メーカー】
 CrazyBunch
【開発者】 CrazyBunch
【対応ハードウェア】 Gear VR Innovator Edition for S6
【価格】 2.99ドル
【プレイ時間】1ゲーム5分程度
【操作】ゲームパッド必須(筆者は、Mad CatzのMicro C.T.R.L.r Mobile Gamepadを使用
【リリース日】 2015年7月28日

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】
★★★☆☆(普通に楽しい)
  【快適さ】★★★★★
  【操作性】★★★★☆(コントローラーの入力への反応が良すぎるため、移動しにくい)

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: Gear VR レビューGear VRコンテンツ紹介

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!