ウィッチになってネウロイを迎撃 『ブレイブウィッチーズ』VRコンテンツが発売

株式会社プロダクション・アイジー(I.G)は6 月9日、TVアニメ 「ブレイブウィッチーズ」の体験型VRコンテンツ『ブレイブウィッチーズ VR-Operation Baba_Yaga-雪中迎 撃戦』を、PCソフト配信プラットフォーム「Steam」にて配信開始しました。

『ブレイブウィッチーズ』は、人気アニメ『ストライクウィッチーズ』シリーズのうちの1作。魔導エンジンによる飛行脚「ストライカーユニット」を駆る魔力を持つ少女たち「第502統合戦闘航空団」の活躍を描いた作品です。

本コンテンツではプレイヤーは主人公「雁淵ひかり」となり、仲間たちと共に空中を飛びながら、人類の敵「ネウロイ」と戦うという、インタラクション性のあるVR映像作品となっているとのこと。

プレイヤーはVRヘッドマウントディスプレイを装着し、頭を動かして照準を操作することで、ネウロイに対し攻撃を行うことができます。ストーリー中には分岐点が存在し、プレイヤーの選択により、それぞれ異なったストーリーを楽しむことができるようです。

なお、PlayStationVRなどの他VRプラットフォームにおける展開に関しては現在検討・交渉中とのこと。販売価格は1,780円(税込)、Steamでの先行販売のみ1,510円です。

作品情報

タイトル:「ブレイブウィッチーズ VR-Operation Baba_Yaga-雪中迎撃戦」
コンテンツ体験時間:約10分
配信開始日:2017年6月9日(金)、Steamにて配信開始
販売価格:1780円(税込)/ $17.99(Steamでの先行販売のみ 1,510 円)

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ