『ブレードランナー2049』をVR体験 コミコンに登場



10月に公開予定のSF映画『ブレードランナー2049』の世界観をVRで体験できるアトラクションが、米カリフォルニア州サンディエゴで開催されるサブカルチャーイベント『Comc Con 2017』にて出展されます。

『ブレードランナー 2049』とは

1982年にリドリー・スコットにより発表された『ブレードランナー』の続編である『ブレードランナー2049』は、前作から数十年後の未来を描いた続編です。リドリー・スコットによる製作総指揮と、前作で主人公を演じたハリソン・フォードも主演し、公開前から話題になっている本作は、日本では10月27日に公開されます。

https://www.youtube.com/watch?v=HXb7uSonF6M

『ブレードランナー』はSF作家フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』を映画化した作品で、2019年のロサンゼルスを舞台とした、人造人間レプリカントの専門捜査官「ブレードランナー」の追跡劇が描かれました。発表から30年以上経った現在でも根強い人気を誇っています。

『Blade Runner 2049 VR』とは

今回出展されるアトラクションでは、体験者はOculus Riftを装着して『ブレードランナー2049』に登場する世界の中を歩くことができます。ネオンサイン溢れるVR空間の中で、体験者は人間なのかレプリカントなのかを判断されるテストも盛り込まれています。

Alcon EntertainmentWarner Bros Picturesのプロデュースによる『Blade Runner 2049 VR』は同映画のプロモーションも兼ねており、VR体験の他にも映画の世界観を特集したアートギャラリー、映画に登場する車両の展示、アクター達が映画に出てくるコスチュームを着用して会場内を歩き回ったりします。

コミコン(Comic-Con)は米カリフォルニア州サンディエゴで開催されるサブカルチャーに関する大規模イベントで、今年は7月20日〜23日にかけて開催されます。参加にはコミコンバッヂが必要ですが、一般参加者としても入場できます。

『Blade Runner 2049 VR』の体験は事前予約が必要ですが、当日参加も可能です。開催時間は日によって異なり、7/20は10時~19時、7/21は9時〜19時、7/22~23は10時〜18時まで。参加費は無料です。

(参考)
Road to VR / ‘Blade Runner 2049’ VR Experience to Debut at San Diego Comic-Con This Month(英語)
https://www.roadtovr.com/blade-runner-2049-vr-experience-debut-san-diego-comic-con/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!