ソーシャルVRアプリ『Bigscreen』300万ドルを資金調達

VRでディスプレイを表示・他人と共有することのできるソーシャルVRアプリケーション『Bigscreen』を開発するBigScreen社は、2月25日、300万ドル(約3.3億円)の資金調達の実施を発表しました。

今回投資に参加したのは、Andreessen Horowitz Fundをはじめ、True Ventures、Presence Capital、Ludlow Ventures、David Bettner、SV Angelとなっています。

今回のスポンサーのうち、Andreessen Horowitz FundのAR/VRにおける投資の多くはハードウェアに関連があります。例えばOculusとMagic Leap。Oculuは2014年にFacebookに20億ドルで買収され、VRのトレンドを引き起こしました。またAndreessen Horowitz FundはFacebookのスポンサーのうちの一社でもあります。

Bigscreenはネットワーク上で他人とコンテンツを共有するソーシャル体験を提供することを目的として展開中のVRアプリです。Bigscreenのベータ版は現在ユーザー数15万人を超えています。

今後、同社はBigscreenのバージョン1.0を発表し、アプリのプラットフォーム化とモバイルVRヘッドセットへの応用を考えているとのことです。

(参考)

Bigscreen宣布完成300万美元的融资
http://news.87870.com/xinwennr-19680.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ