観光客の増加に貢献 北海道美唄市のVR観光アプリが多言語対応へ

株式会社ダブルエムエンタテインメントは、VRで北海道美唄市の観光スポットを巡るスマートフォンアプリ『VR観光体験~北海道美唄市~』をバージョンアップしました。VR観光アプリの実績に応じた拡張となります。

英語や中国語に対応、コンテンツも追加

VR観光体験~北海道美唄市~』は、北海道の自然や文化を静止画・動画で体験できるAndroid/iOS向けスマホVRアプリ。

バージョンアップによって、新たに英語・タイ語・中国語(簡体字・繁体字)を含めた5言語に対応し、コンテンツは5スポットから15スポットに増加しました。

本アプリは2015年7月に国内初の自治体事例としてリリースされ、自治体職員や旅行エージェント、国内外の展示会で活用。

結果、美唄市への国内外観光客の増加実績に大きく貢献し、前年度比1100%を記録したタイ国をはじめとしたインバウンド対策としての多言語対応、さらなる観光コンテンツの拡充を目的として、今回のバージョンアップが行われました。

更新内容

・英語、タイ語、中国語(簡体字・繁体字)の追加

・コンテンツの追加、前verのコンテンツは全て高画質更新

宮島沼ねぐら立ち(春・動画)

東明公園桜まつり(春・動画)

スペースカリヨン展望台(春・静止画)

東明駅舎開放(夏・静止画)

歌舞裸祭り(夏・動画)

コメの収穫(秋・動画)

空知神社例大祭(秋・スライドショー動画)

炭鉱メモリアル公園竪坑(秋・静止画)

美唄の初詣(冬・静止画)

雪んこ祭り(冬・スライドショー動画)

炭鉱時代のSL内(静止画)

ゆーりん館(静止画)

美唄市郷土史料館(スライドショー動画)

田んぼの四季(四季定点撮影・スライドショー動画)

美唄やきとり(動画)

(参考)

株式会社ダブルエムエンタテインメント – プレスリリース

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor