バットマンになって謎に挑む 『バットマン:アーカム VR』Oculus Rift、HTC Vive版が配信へ

PlayStation VR(PSVR)向け人気ゲーム『Batman: Arkham VR』が、4月25日にOculus Rift と HTC Vive向けにもリリースされます。

『バットマン:アーカム VR』とは

『バットマン:アーカム VR』は昨年10月にPSVR向けにリリースされた、映画「バットマン」の世界を体験できるVRゲームです。発売された2016年10月から12月はPSVR向けソフトの月間ダウンロードランキングでは2位という人気ぶりで、直近の2017年2月のダウンロードランキングでも6位をキープしています。

プレイヤーはバットマンとなり、殺人者を追うため映画の舞台ともなっている都市ゴッサム・シティを駆け巡ます。40分から1時間程度の体験ですが、映画でなじみ深い場所やキャラクターに会うことになります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=gQXHNzlKxsc

トレイラーを見ると、PC駆動になることでグラフィックの向上は見ることができますが、他にどのような違いがあるかなどの詳しい情報はまだありません。

バットマンに変身するシーンが非常に良くできており、プレイヤーがバットマンになりきれることで人気となった本作。PC版のクオリティにも期待したいところです。

(参考)
Batman: Arkham VR Is Finally Coming To Vive And Rift
https://uploadvr.com/batman-arkham-vr-finally-coming-vive-rift/ (英語)

Rocksteady Studios 公式サイト
http://rocksteadyltd.com/#splash (英語)

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ