米メジャーリーグ、野球観戦できるVRコンテンツを発表


球場にいかなくても、最前列で試合観戦。

その場にいるような感覚になれるVRはスポーツ業界でも活用が模索されています。ボクシングやサッカー、アメリカンフットボールなどさまざまな業界がVR観戦の仕組みを試行的に作り始めています。

米国メジャーリーグは野球をVR観戦できるコンテンツ『At Bat VR』を発表しました。

メジャーの試合をVR観戦できるコンテンツ

米国のMLB(メジャーリーグベースボール)はMLBメディア部門のVRチームが、メジャーリーグの野球試合をVR観戦できる『At Bat VR』を開発したと発表しました。

同VRコンテンツはグーグルのVRプラットフォームであるDaydream対応で、野球試合をライブ観戦したり、ハイライトやスコアの確認、ラジオブロードキャストやチーム/選手の情報を確認することができます。


『At Bat VR』は6月1日からDaydream対応のスマートフォンで無料で利用することができます。(日本語版は現在確認されていません)

有料プレミアムオプションもあり、一か月3ドル(約330円)で試合のハイライトや360度動画を楽しむことができます。また、MLB TVのプレミアムメンバーの場合、VRでライブで試合を観戦することもできます。

広がるスポーツ業界でのVRの使用

MLBが開発した『At Bat VR』の他にも、NCAA大学バスケットボールトーナメントをVRライブで観戦できる『NCAA March Madness Live VR』が今年3月リリースされました。

また、サントリーホールディングス株式会社から360度車椅子バスケットボール動画「ラスト1分。日本代表は君だ。」も公開されています。

今後もどのようにVRがスポーツ業界で使われていくか注目です。

(参考)
Major League Baseball Unveils VR Game Experience
https://vrscout.com/news/major-league-baseball-vr-game-streaming/ (英語)

MoguraVRはVRscoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ