ZTE、Axon 7にGoogle Daydream向け機能を追加

スマートフォンメーカーのZTEは、同社の展開するスマートフォン「Axon 7」に、Android 7.0 (通称ヌガー)とGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」への対応を追加したアップデートを発表しました。


グーグルはDaydream対応デバイスとしてサムスン、ファーウェイ、Alcatel、ASUS、HTC、LG、Xiaomi、ZTEなどと提携していますが、2016年11月のDaydreamローンチ以来、グーグルによるスマートフォン「Pixel」とモトローラのMoto Zシリーズが主にDaydream向けに使用されています。2017年1月にグーグルはPixelに加え、ASUS、ZTE、ファーウェイの4機種が対応することが明らかとなっていました。

ZTE USAのリキシン・チェン会長はこう述べています。
「Axon 7へのAndroid7.0の提供により、このデバイスを購入する消費者に、より高い価値を提供します。 またGoogle Daydreamへの対応を行うことで、VR体験もできるようになりました」

Axon 7には、クアルコムのSnapdragon 820プロセッサ、5.5インチのクワッドHD AMOLEDディスプレイ、4GB RAM、20MP Hybrid ISリアカメラ、8MPフロントフェイスカメラ、デュアルハイファイ Dolby Atmosサラウンドを備えた高品質のスピーカー、およびデュアルSIMカードスロットが搭載されています。

日本で発売されているAxon 7に対してもこのアップデートが行われるかは不明です。

(参考)
ZTE Rolls Out Daydream Update for Axon 7
http://www.vrfocus.com/2017/02/zte-rolls-out-daydream-update-for-axon-7/

※Mogura VR は、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Daydream

この記事を書いた人