PSVR対応『A列車で行こう』発売 鉄道模型の街並みが目の前に!

PlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)対応タイトル『A列車で行こうExp.(エクスプレス)』が、12月21日より発売しました。本作は、PC版『A列車で行こう9』に新たな要素を加え、VR対応の「ジオラマモード」が追加されている最新作タイトルです。

ダウンロード版・パッケージ版の価格は8,424円(税込)。

30年以上続く「A列車で行こう」シリーズは、都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素をあわせ持つ都市開発鉄道シミュレーションゲームです。今回、その最新作が16年ぶりにPlayStationプラットフォームで登場しました。本作では『A9』にシリーズ初となる北から南まで全国の新幹線を収録のほか、VR対応の「ジオラマモード」などが追加されています。

VR対応の「ジオラマモード」

「ジオラマモード」は、プレイヤーが発展させた街をジオラマ化し鑑賞できるモードです。ジオラマ感あふれる、鉄道模型の街並みをVRで体感することができます。

体験できるモードは4種類(Zゲージ 縮尺1/220、Nゲージ 縮尺1/150、HOゲージ 縮尺1/80、Oゲージ 縮尺1/45)です。

マップはゲージごとに決まったサイズで切り出され、車両は10台まで持ち込むことが可能です。お気に入りの場所をビューポイントに登録しておけば、すぐにジオラマ化できて微調整も簡単に行えます。

A列車で行こうExp._20171116043905

A列車で行こうExp._20171116044418

VRでジオラマの世界に入り込むことで、好きな角度から電車や街を眺めたり、走っている電車を目で追いかけてみたりといったVRならではの体験ができるとのことです。

そのほかに、DUALSHOCK 4コントローラーのモーションセンサーに対応した「フライトモード」も追加されています。建物の間を縫うように飛んだり、空の視点から街を眺めたりといった映像を撮影できるモードとなっています。

ソフトの概要

 

発売元

スタジオアートディンク

フォーマット

PlayStation 4、PlayStation VR

ジャンル

都市開発鉄道シミュレーション

発売日

2017年12月21日

価格

ダウンロード版:8,424円(税込)

パッケージ版:8,424円(税込)

プレイ人数

1人

CERO

A(全年齢対象)

(参考)
PlayStation Blog
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/6246/20171221-aexp.html

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: A列車で行こうExpPlayStation VR

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!