飛び降りるシーンをVRで 劇場版アサシンクリードのVR体験が配信開始

アサシンになってオープンワールドの広大な世界を駆け回り標的を倒す潜入アクションゲーム「アサシンクリード」。Ubisoftモントリオール・スタジオが開発しているゲームシリーズです。

アメリカでは12月21日より劇場版が公開予定。12月1日よりOculus RiftとGear VR向けの360度動画『The Assassin’s Creed Movie VR Experience』が配信開始となりました。

Oculusの標準アプリである「Oculus Video」の「Short」コーナーにて配信が行われています。

このVR体験は2016年3月に制作が発表。20世紀フォックスが制作、AMD Radeon、Alianwareがパートナーとして携わっています。

オープンワールドで構築されている街の雰囲気など世界観が魅力の同シリーズ。劇場版はそのゲームの世界を実写で再現し、実写で撮影した映画ということになります。

体験は3,4分程度。自分自身は、現代から過去の時代にタイムトラベルするアサシンとなります。処刑直前の状態から仲間に救出される、という役回り。仲間のアサシンが闘う状況に第3者視点で立ち会うということになります。

「アサシンクリード」シリーズでおなじみの高所から飛び降りるシーンも再現されており、仲間のアサシンと一緒に飛び降りるシーンでは少しヒヤッとするかもしれません。

同VR体験は、12月21日から公開される映画のプロモーションという位置づけ。映画に関連した360度VR体験の制作はハリウッドを中心に国内外で広まっており、先日も『スター・ウォーズ ローグ・ワン』の360度動画がYouTubeで公開されたばかり。今後もラインナップが増えていくことに期待したいところです。

(参考)

http://thegameawards.com/assassins-creed-movie-vr-experience-coming-game-awards/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ