20世紀FOX、アサシンクリードのシネマティックVR体験を発表

20世紀FOXは、GPUメーカーAMDのプレスカンファレンスの中で、ステルスゲームシリーズ「アサシンクリード」のVR体験を制作していることを発表しました。

CdjOGPjVAAAfnbF

アサシンクリードは、Ubisoftが制作。アサシン(暗殺者)になって歴史の舞台で敵から隠れながら暗殺を遂行していく人気のステルスアクションゲームです。

20世紀FOXはこのコンテンツはVRゲームではなくシネマティック体験になるとのこと。2016年中の公開を目指しています。

(参考)
“雰囲気満点な「アサシンクリード シンジケート」の最新DLCの360度動画が公開。YoutubeとGear VRで体験可能”


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: GDC2016

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii