描いた線を掴むと立体的に浮き上がって……iPhoneを使ったARお絵かき

iOS向けのAR開発キットであるARKitを使って様々なアプリが試作されています。個人開発者のOsama Abdel-Karim氏は指でなぞってデジタルに絵を描くお絵かきツールを試す様子を投稿しました。

このアプリケーションは、ジェスチャー認識を使用して、ユーザーが紙や表などの表面上に描画できるデジタルフィンガーペイントアプリケーションです。

2Dの絵を描くだけでなく、ユーザーが完成した図面をつかんで上に引っ張って、3Dモデルを即座に作ることが可能となっています。開発者のOsama Abdel-Karim氏は、このアプリのを説明やARKitの説明、そしてアプリケーションのソースコードを自身のブログに公​​開しています。

https://www.youtube.com/watch?v=UhVw1yp_pgg

ARとマッチングしているお絵かきアプリ

アップルは、今秋リリースが予定されているiOS11にAR機能の搭載を予定しています。このVRを機能を使ったアプリを作るための開発キットがARkitです。iPhone、iPadのカメラで現実を認識して、机の上に3Dモデルを表示することなどが可能です。現在は開発者向けに機能が公開されており、リリース前にアプリケーションを試すことができます。

ARKitを使ったお絵かきツールは以前、空中に3Dで絵を描くことができるアプリケーションが公開されていました。

https://www.youtube.com/watch?v=fm7ZI0e2yvY

今後もiPhoneを使って手軽にARで体験できるアプリのアイデアが数多く登場することが予想されます。

(参考)
This ARKit App Allows For Digital Finger Painting/UPLOADVR(英語)
https://uploadvr.com/arkit-app-allows-digital-finger-painting/

 

関連するキーワード: ARKitiPhone AR

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ