AR で核施設の安全訓練 アメリカの国立研究所が導入

アメリカ・サンディア国立研究所は、核施設での安全トレーニングにARを導入しました。

タム・リー氏とトッド・ノエル氏は、研究所のトレーニング課程向けに核施設のARモデルを開発しました。

この技術は空間での位置関係を表すことができ、物体間の相互関係などを確認することができます。リーによると、たとえば施設の脆さなどは紙面だけではなかなか学ぶことができず、また本物の有害材料を使うこと無く、ARで学生に核材料を処理したり保護したりする全過程を教えることができます。

核施設の安全トレーニングはこれまでも2D平面図での訓練が存在し、近年は3Dモデルを導入されました。現在はARを用いることで、トレーニングを新たなレベルに上げることができます。
 

(参考)
为保国家安全 美国用AR进行核设施安全培训&分析
http://news.87870.com/xinwennr-19233.html
 

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ