壁がデバイス!?ARロッククライミングで楽しくエクササイズ

フィンランドを拠点とするスタートアップ「Augmented Climbing」によって開発されたARデバイス「Augmented Climbing Wall」は、深度センサー、プロジェクター、コンピュータビジョン技術を組み合わせて、プレイヤーのモーションによって制御されるARエクササイズ体験を提供します。

https://www.youtube.com/watch?v=rjWcE25s7kQ

上記の動画は、AR技術を活用し、ロッククライミングとホッケーのようなゲームを組み合わせた体験「Climball」の様子をおさめたものです。Climballは、体をパドルとして使って、お互いのボールを打ち合うスタイルのゲームです。ボールが身体を通過するのを阻止するために、手と脚をすばやく伸ばさなければならないため、トレーニングの前のストレッチに最適とのこと。

https://vimeo.com/123021654

Augmented Climbing Wallはほかにもいくつかの異なるプログラムやゲームを利用できるとのこと。ソロゲーム体験としては、上記動画の「Sparks」をチェックしてみてください。Sparksは、絶えず放たれているパルス電流の囲みの中にとどまり続けることを要求します。 プレイヤーは、電流に触れない限り、好きな壁を握ることができます。 さまざまな難易度のステージを遊んだり、ソフトウェアを使用して自分でステージを作成します。

https://vimeo.com/175818883

また、「Augmented Problems」と題した上記のプログラムでは、登山者はタッチスクリーンコンピュータを使用して、自分の身体とスキルレベルに基づいて独自の登山ルートを作成し、登ります。ビデオフィードバックシステムでは、直前の登山の様子を壁に直接送信することができます。 これは、登山者が以前の登山、つまり過去の自分自身と競うことができることを意味します。

「Augmented Climbing Wall」を体験できる場所は、こちらの地図に記載されています。日本でも詳細な場所は不明ですが、2017年中に体験可能となるようです。Augmented Climbing Wallを購入する方法の詳細については、こちらで見積もりができるとのことです。

(参考)
Exercising Becomes A Little Easier With This Augmented Climbing Wall
http://vrscout.com/news/exercising-augmented-climbing-wall/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中。4割引になる早割は5月20日までです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ