アニメキャラをフィギュア化するARアプリ 東京ゲームショウにて体験展示

現実世界にキャラクターのフィギュアを出現させることができるARアプリ『HoloModels』の先行体験が開催中です。9月21日から千葉・幕張で行われている「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」にて体験可能となっています。

『HoloModels』は、iOSの最新バージョンiOS 11のAR機能「ARKit」を活用した1/1サイズのARフィギュアを部屋に飾ることができるスマートフォン向けARアプリです。自分の好きな場所に3DCGで描かれたフィギュアを、卓上サイズや実寸大の大きさで飾ったりすることが可能となっています。Android「ARCore」にも対応予定とのこと。

また本アプリはテレビアニメ『アニメガタリズ』とのコラボレーションも発表されています。アニメのヒロインである阿佐ヶ谷 未乃愛(あさがやみのあ)、上井草 有栖(かみいぐさ ありす)、高円寺 美子(こうえんじ みこ)の3人のARフィギュア開発が行われます。


『アニメガタリズ』

ARフィギュアアプリ『HoloModels』で出来ること

https://www.youtube.com/watch?v=erbwiwk9re8

上記の動画のような操作や、実際のフィギュアのように好きなポーズに変更できる「ポーズスプレー」機能、「アニメスプレー」でアニメーションやボイスを再生することが可能です。


モデルの女の子「しノのメめぐ」

本アプリは2017年冬に発売予定、ARフィギュアはオンラインストアにて2,160円からを予定とのこと。なお本アプリを体験できるGugenka from CS-REPORTERSブース(9-W08)では、しノのメめぐのVRライブコンテンツや、下記のように人気ライトノベル・アニメ作品のコンテンツも展示されます。

『PARALLEL VR LIVE』

https://www.youtube.com/watch?v=YhcVuGdMJHs

本コンテンツは、バーチャルライブを多人数で視聴できるものとなっています。現実世界のライブのようにパフォーマンスを行い、アーティストとコミュニケーションを取ることが可能です。

『目覚ましVR!エロマンガ先生』

『エロマンガ先生』は、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』で知られる作家・伏見つかさ氏原作のライトノベル作品です。本アプリでは、ヒロインの沙霧」が添い寝をして仮眠をサポートしてくれるスマートフォンVRアプリとなっています。

『DIVE!! VRレッスン』

『DIVE!!』は、水泳競技の1つである「飛込み」を題材とした小説家・森絵都氏が原作のスポーツアニメです。本作の登場人物「知季・要一・飛沫」と一緒に彼らが見ている飛び込みの世界を体験できます。

©HoloModels™/©Gugenka® from CS-REPORTERS.INC

イベントの概要

イベント名

東京ゲームショウ2017

会期

・ビジネスデイ
9月21日、22日 10:00 から 17:00
・一般公開
9月23日、24日 10:00 から17:00

会場

幕張メッセ  1ー11ホール、イベントホール、国際会議場

アクセス

・JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約5分。
・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで約17分

入場料

・一般(中学生以上) :1,200円 (前売券:1,000円 )
・ 子供 (小学生以下): 無料
チケット購入はコチラのページより

主催

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

公式サイト

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/

関連するキーワード: GugenkaHoloModels

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ