銃を構えてARシューティング 中国企業が約5000万円を資金調達

中国のAR玩具ハードウエア・ソフトウエア開発会社のGeekplay Technologyは、300万元(約4,900万円)の資金調達を完了したと発表しました。今回調達した資金は、コンテンツ配信プラットフォームの構築、新たなゲームコンテンツの開発や海外市場における事業展開などに投入する予定です。

ARで楽しめるシューティングゲーム「AR Gun」

Geekplay社が開発の「AR Gun」は、スマホ搭載可能のおもちゃ銃を通じて、現実世界のどこでも楽しめるARシューティングゲームです。

ユーザーは、ゲーム専用アプリ『Geekplay™ AR Gun』がダウンロード済みのスマホを、同社販売のおもちゃのAR銃に接続するとプレイが開始できます。

同製品は、昨年10月から量産が開始し、2017年7月まで出荷量は20万台を超えています。GeekplayのCEOである羅躍氏は、「AR Gun」の70%は海外へ出荷しており、主に7〜16歳の子供向け販売していると述べました。

「AR Gun」プレイ動画

https://www.youtube.com/watch?v=0iM0MhVbkis

今後の展開

一般的なおもちゃメーカーと異なり、Geekplay社はハードウエアであるおもちゃ銃を生産するだけでなく、各ハードウエア対応のゲームコンテンツも提供しつづけます。

例えば、同社は「AR弓矢」、「電子ルービックキューブ」など他の形態のインテリジェントハードウエアを製造した上、これら製品に基づいた『Aircraft Shooter』、『The Walkers』、『Battle Tank』などシリーズゲームの開発を継続しています。

現在、同社のARゲームコンテンツ専用の配信プラットフォーム「GeekTown」が準備中とのことで、8月にリリースする予定です。Geekplay社によると、同プラットフォームではSDK(ソフトウェア開発キット)を公開し、より多くのハードウエア開発者とゲーム開発者の参加を受け付けています。

Geekplay公式サイト
http://www.geekplay.cc

(参考)
用AR手枪玩真人CS,Geekplay完成300万人民币天使轮融资
http://www.7tin.cn/news/94866.html

Mogura VRは7tin.cnのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

  • 日本で留学している中国人。AI、VRなど最新技術に関心を感じながらIT企業を目指して就活中の文系生。中国のVR事情を世の中に広げたい。韓国語も勉強中。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ