米アップル、オンラインストアでMattel社のスマホ向けVRヘッドセットView Masterの取扱を開始

アップルのアメリカ国内向けオンラインストアでは、スマホ向けVRデバイスView Masterの販売が行われています。

20160204023106

View Masterは、アップルの製品ではありません。Mattel社が開発したスマホ向けVRデバイスです。グーグルが公開しているCardboardの設計図を参考に、7歳以上の子供向けに設計されているとのこと。グーグルの認証も取得して、アプリ検索用のQRコードが付与されています。

20160204021549

20160204021936

20160204021928

20160204021932

また、Mattel社はアプリを宇宙、世界旅行、大自然をテーマに3つリリースしており、学習教材と組み合わせ様々なVR/AR体験ができるような形になっています。

20160204023032

アップルのサイトでは、iPhoneを使って360度の没入体験ができるデバイスとして紹介され、29.95ドル(約3,600円)で販売されています。なお、日本のオンラインストアでの取扱は確認できていません。

アップルは年明け以降、VRへの積極的な取り組みが行われていると思われる情報が多くなっており、今後の動向にも注目が集まります。

(関連記事)
アップル、社内にVR/ARチームが存在し、プロトタイプを製作中か
アップルに新たに3Dインターフェース、VR/AR分野の専門家が合流

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/