アップルのベテラン社員、Oculusのハードウェア部門へ転籍

米メディアBloombergは、アップルで製品デザインやハードウェア部門で長年活躍していたベテラン社員マイケル・ヒルマン氏がOculus社のチーフとして雇われたことを報じました。

Appleのベテラン社員 Michael Hillman氏

マイケル・ヒルマン氏は、アップルでiMacの製品デザインやハードウェア部門をリードする役割を果たし、15年以上ものキャリアを積み上げてきました。Bloombergによると、同氏はOculusにて、Oculus Riftをさらにメジャーなデバイスとしていく役割で雇われ、Oculus社の最高執行責任者(COO)であるHans Hartmann氏と共に働くと報じています。

進むOculus社の社内改革

Oculus社は、親会社であるフェイスブックのもとで、前CEO、ブレンダン・アイリブ氏がパソコン向けのVR開発部門の指揮を取るなど、幹部クラスの社員を他の部門に移すという社内改革を進めています。

また、リサーチ部門であるOculus Researchも含めて盛んな求人活動を行っています。

Oculus RiftとOculus Touchというハードウェアの発売以降、大きな発表がありませんが、拡充した人材でどのようなハードウェアを打ち出してくるのか、引き続き注目が集まります。

(参考)
Apple Veteran Hired As Head Of Oculus Hardware https://www.vrfocus.com/2017/03/apple-veteran-hired-as-head-of-oculus-hardware/ (英語)

Mogura VRはVRfocusとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ