AOL、VRジャーナリズム映像を制作するRYOTを買収。チームはハフィントン・ポストへ合流

AOL(American Online)は、360度映像の制作を行っているRYOTを買収したことを明らかにしました。AOLの親会社は通信大手のVerizon。またVerizon/AOLは、ウェブメディアであるハフィントン・ポストを傘下に収めています。

https://www.youtube.com/watch?v=BuGUQ6svJyg

今回の買収を機に公開された動画

RYOTは、360度動画の撮影・編集など映像作品の制作全般を行ってきたスタジオです。特に360度映像による没入感の高いストーリーテリングを重視し、ジャーナリズム作品を制作してきました。

RYOT

今回の買収に対し、ハフィントン・ポストの創業者で編集長のアリアナ・ハフィントン氏は「今回の合流がハフィントン・ポストによりインパクトをもたらすことを期待している。(VRによる)物語は問題に対する関心を引き起こすだけでなく、”人々の生活を異なるものにする”。」と述べています。一方、RYOTの共同創業者ブライン・ムーサー氏は「ハフィントン・ポストは、人々の物語を自身の声で紡ぐことによって人々に力を与えてきた。RYOTの目指すミッションも同じものだ」と述べています。

VRジャーナリズムに関しては、ニューヨーク・タイムズが積極的に取り組んでいますが、ウェブメディアでの積極的な取組が始まるのは初。今後どのような映像作品が登場するのか注目したいところです。

(関連)
ニューヨーク・タイムズ、ブリュッセルの連続テロ後の「静かな通勤」の様子を収めた360度動画を公開

ニューヨークタイムズ、購読者にGoogle Cardboardを100万台以上送付し、VRジャーナリズムに本格参入

(参考)
Verizon Owned AOL Acquires VR Content Studio RYOT – UploadVR
http://uploadvr.com/verizon-owned-aol-acquires-vr-content-ryot/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/