プロ野球選手の投球をVRで AOI Proが幅広い用途に対応したサービス開始

株式会社AOI Pro.は、2016年9月に発表した「VR Dream Match Baseball」のサービス版の提供を開始しました。

「VR Dream Match Baseball」は、「プロのピッチャーが投げた球を打つ・受ける」体験を提供するVRコンテンツ。サービス版では、これまで国内外の展示体験会で600人を超える体験者から得た声をもとにプログラムとデバイスをアップグレードされているとのこと。

リアルを追求したプログラム構成

本コンテンツでは、「グラフィックの精度」「投手のリアルなモーション」「物理演算を組み入れた投球軌道と回転」が重視されているとのこと。

球種も15種類に増え、スプリットフィンガードファストボールや、浮き上がるようにみえる球種「ホップ」、物理演算で生み出す200キロのストレートなども体験することができます。なお、投球軌道については、スポーツでのデータ取得・分析サービスなどを提供するデータスタジアム株式会社の監修を受けています。

ハプティクスを取り入れた「衝撃搭載ミット&バット」を開発

加えて同社は、体験を効果的にするため、ミットとバットの感触フィードバックをバイブレーションから衝撃に変更し、「衝撃搭載ミット&バット」を開発。開発には慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Projectのハプティクス研究成果を活用しています。 「衝撃搭載ミット&バット」は展示体験会で使用していく予定とのことです。

顧客のニーズに合わせたカスタマイズも展開

今回発表されたサービス版は、下記の4つの利用モデルにを想定しているとのこと。顧客のニーズに合わせてカスタマイズを加えて提供・リース・販売していくとのことです。

1.選手強化への協力モデル

2.展示体験会モデル

3.イベントやアミューズメント施設などへのリースモデル

4.オンラインゲームプラットフォームやネットカフェでの配信モデル

また、コンテンツのネーミングライツ販売や、VR内の広告(スタジアムの看板、バックスクリーン動画など)での協賛メニューも整備していく予定となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=1K891RVopr4

(参考)

プレスリリース

関連記事はこちら

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ