アングリーバード、Gear VR版のデモ第2弾の舞台は太陽系

世界的に人気のスマホゲーム『Angry Birds』シリーズのGear VR版『Angry Birds Space VR』のデモが、アメリカとブラジルで開催されたいくつかのイベントで、公開されました。

image201602161842561

「世界で最も成功したモバイルゲーム」とも謳われる『Angry Birds』は、スマホ向けのアクションパズルゲームです。シリーズ累計ダウンロード数は20億以上とも言われています。開発はフィンランドのRovio社。

Angry Birds 2公式動画

https://www.youtube.com/watch?v=FSWoUGxGNEg

巨大なパチンコにセットされた「鳥」を画面左から打ち出し、積木のように組み上げられた要塞を撃破しながら、鳥たちの卵を盗んだ「ブタ」を倒すゲームです。

そんな『Angry Birds』、2015年5月アメリカで行われたRock in Rio festivalにて、Gear VR対応のVRゲーム版が展示されました。今回は新しいデモの情報です。

image201602161842562

その名も『Angry Birds Space VR』。彗星に乗って、太陽系を巡ってゆくというもの。
もちろん同シリーズに特徴的な、巨大パチンコとそれに装填されている主人公「レッド」、そして敵キャラのブタなども登場します。
内容は2分程度、プレイヤーはGear VRのタッチパットを使って狙い撃ちし、敵キャラであるブタを倒すというもの。

開発には、ブラジルのVR開発スタジオであるIMGNATIONが参加しています。
IMGNATIONの創設者によると、、『Angry Birds Space VR』は、2015年7月に開催されたNASAの記念イベントにて初めて公開されました。
同ゲームには国際宇宙ステーションやNASAの打ち上げた宇宙探査ロケット「New Horizons」なども描かれています。その後、各地のイベントで展示を繰り返してきたとのこと。

image201602161842567三段目一番左、気泡のような宇宙服に包まれた緑の「ブタ」を打ち落としている。

『Angry Birds Space VR』は、デモ第1弾と比べると、VR体験としてより良い出来になっていまるようです。

デモ第1弾では、Gear VRのヘッドトラッキング機能を利用して(頭の向きで)主人公レッドを動かしていましたが、『Angry Birds Space VR』ではレールが敷かれており、プレイヤーはレッドの進行方向を心配する必要が無くなっています。これによって、美しい宇宙空間を自由に眺めることができるようになりました。

image201602161842563レッドはワームホールから彗星に乗って、パチンコと共に登場。太陽と水星の間から、冒険は始まります。

image201602161842566無重力に身をゆだねて漂流する氷のかけら。そして眩く光りながら燃える太陽。
中央右に、赤いパチンコと、そこにセットされた主人公レッドが見えます。

image201602161842568地球と、それに寄り添うように浮かぶ月。光の最中には国際宇宙ステーションも見えます。

image201602161842564何やら危険そうな地帯。ぶつからないように注意。

image201602161842565人類の期待を一身に背負って、はるばると冥王星までやってきた探査機「New Horizons」。

image201602161842569太陽系の最果て、海王星。太陽の光も届かないここは、冷え切っています。

『Angry Birds』シリーズのVRゲームは、いつ手に入るようになるのか気になる所ですが、しかし、開発元のRovioは「今のところ、これらのデモを一般公開する予定はない」と語っています。

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/