Android版ChromeブラウザでWebVRをサポート開始

12月13日、グーグルは自社のブログ上で、Android向けChromeブラウザがWebVRのAPIに対応したことを発表しました。

Android向けChrome 56はベータ版としてリリースされ、Web開発者は、「Origin Trial」と呼ばれる「WebVR API」と「GamePad API extensions」の試用プログラムに申し込むことができます。

WebVR APIは、Daydream ViewのようなVRデバイスの入力および出力、ユーザーの位置姿勢情報へのアクセスを提供します。従って、Webアプリケーションはステレオ3Dで描画したシーンをヘッドセットのディスプレイに表示することができます。

また、Gamepad API extensionsは、Daydreamコントローラーのようなモーションコントローラーからの入力をアプリケーション側へ提供し、VRでの自然なインタラクションを実現します。

さらに対応プラットフォームを拡張予定

各APIは一時的にChrome上での動作が許可されており、開発者はOrigin Trialプログラムによって開発したWebアプリケーションをChrome上で体験することができます。ただし、WebVR APIは今でも改善が進んでおり、デフォルトとして全てのページで有効になる前に開発者からのフィードバックによって変更が加えられます。

今後、WebVRはデスクトッププラットフォームや、グーグルCardboardへの拡張も予定していて、Chrome 57ではいくつかパフォーマンスも向上する予定です。

WebVR APIを使ったアプリケーションを作るためのチュートリアルやサンプルは、「WebVR developer site」に掲載しています。また、APIに対するフィードバックはこちらや「the Chrome implementation」までご連絡ください。また、「WebVR Slack channel」に登録すると、API開発に関する議論に参加できます。

WebVRは、Google、Mozilla、Microsoft、Oculusが対応ブラウザを開発していることを公表していますが、AppleやOperaは態度を保留しており今後の動きが注目されます。

(参考)

Introducing the WebVR API in Chrome for Android – (英語)

https://blog.chromium.org/2016/12/introducing-webvr-api-in-chrome-for.html

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ