AMDが両目8K画質、リフレッシュレート120HzのVRデバイスを社内テスト用に開発中

4月12日にイギリスで行われたVR World Congressの基調講演にて、GPUメーカーのAMDは独自VRデバイスを研究開発していることを明かしました。

両目で8Kの解像度、リフレッシュレート(1秒あたりの描画回数)が120Hzというこのデバイスは、例えばOculus Riftの両目で2K(1080p)、90Hzというスペックを上回るものです。PS VRのリフレッシュレートは最大120Hzです。

AMD120Hz

講演を行ったのはAMDのロイ・テイラー氏。今回発表されたデバイスはAMDの内部テストに使われるのみで、コンシューマー向けにリリースする予定は無いとのことですが、GPUメーカーの今後の活躍を期待させます。

Oculusも「完璧なVRを実現するのには8Kでも足りない」「120Hzは超えなければいけない壁である」などと発言しているのと同じく、テイラー氏も講演の中で、「16Kのディスプレイで144Hzのリフレッシュレートを実現させるのが技術的ゴールだ」と述べました。

またAMDと並ぶGPUメーカーであるNVIDIAも、先日アメリカで行われたGPU Technology Conferenceにて、試験的にではありますが1700Hzのリフレッシュレートを持つ「ゼロ・レイテンシー」のディスプレイを公開しました。AMDもNVIDIAも、自社のGPUをVRに対応させるなど、積極的な取り組みが見られます。

この春、Oculus Rift、HTC Viveなどハイエンドなコンシューマー向けVRヘッドマウントディスプレイがリリースされました。それらの作り出すVR体験はかつてないほど高品質なものですが、VR技術はまだまだ発展途上。VRの質は今後、さらに向上を重ねることでしょう。

(参考)
UPDATE: AMD Working on 4K, 120Hz VR HMD – VR Focus
https://www.vrfocus.com/2016/04/amd-working-on-4k-120hz-vr-hmd/

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ