AMDのVRに関する発表内容まとめ。新GPUやVRの動作要件を満たした際のVR Readyを発表

GDC2016にて、RadeonグラフィックボードシリーズでおなじみのAMD社が開催したCAPSAICIN(カプサイシン)というイベントで公表された情報の内、VRに関する内容をご紹介していきたいと思います。

発表の中で、AMDはVRの登場によって新たに「Immersive Era」(没入感の時代)が到来したとし、今後GPUの重要性が増すことを強調。現在VRシステムのグローバル市場でAMD製品の市場シェアが推定で83%を獲得していることを明らかにしました。

VR要件を満たす証 『Radeon VR Ready Premium』ロゴバッヂ

Radeon VR Ready

VR元年と言われる今年、PCでVRゲームを動作させるためには高水準のスペックが要求されます。この要求スペックが一般ユーザーにとって分かりにくいという声に対しAMD社は、VRゲーミング要件を満たすRadeonシリーズに『Radeon VR Ready Premium』のロゴバッヂを付与することを表明しました。

『Radeon VR Ready Premium』のロゴバッヂを付与されたグラフィックカードは、革新的な技術と比類なき描画パワーによって、ハイエンドのVRゲームやアプリケーションの体験を可能にします。

Radeon VR Ready

『Radeon Pro Duo』を発表 VRプラットフォームの推進を目指す

またAMD社は、デュアルグラフィックカード『Radeon Pro Duo』を発表。『Radeon Pro Duo』はFijiコアを2基搭載しており、16Tera FLOPS(1秒間に浮動小数点数演算を処理できる回数)という演算性能を誇るなど、”世界最速のグラフィックカード” とAMD社は豪語しています。

Radeon VR Ready

以下、『Radeon Pro Duo』に向けたVRデベロッパーの業界、及びサードパーティから寄せられたコメントを抜粋。

「グラフィックとコンピューティングのための十分なメモリ帯域幅を実現したハイエンドデュアルGPUは、開発者や一般ユーザーに完璧なVR体験を提供するのに理想的だ。」 - Steve Santamaria氏(Envelop VR:COO)

「Radeon Pro Duoは超高速カラーグレーディングと合成、レッドフッテージのマルチGPU再生、そしてVRの滑らかな再生等のソリューションを単一カード上で求めているスクラッチユーザーにぴったりのものだ。」 - Jeff Edson氏(Assimilate Inc.:CEO)

「私たちがなぜアサシンクリードVRのプロダクション全体でAMDのRadeon Pro DuoとLiquid VRを使用しているのか、あなたたちはすぐに理解することになるでしょう。」 - Matthew Lewis氏(Angel Valley Media:Owner)

(関連記事)
VR普及の鍵を握るGPUメーカー。AMDのVR担当に聴く普及に向けた取組

(参考)
Radeon VR Ready(英語)
http://www.amd.com/en-us/innovations/software-technologies/technologies-gaming/vr/vr-ready

Radeon Pro Duo(英語)
http://www.amd.com/en-us/products/graphics/desktop/radeon-pro-duo

新発表、レポートなどGDC2016関連の記事はこちらからご覧いただけます。

GDC2016特集

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/