アマゾン、プログラミング無しでVR/ARを作れる「Sumerian」発表

米アマゾンは手軽にVRやARを作成できるサービス「Amazon Sumerian」を11月27日に発表しました。「Sumerian」では、3Dグラフィックスや専門的なプログラミング知識なしに、ブラウザから手軽にVRやAR、3Dのアプリケーションを作成できます。

「Sumerian」は事前に準備されているデータだけではなく、FBXやOBJファイルをインポートしたり、独自の3Dアセットをアップロード可能です。後ほどUnityプロジェクトのインポートにも対応するとのこと。

「Sumerian」はVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)であるOculus RiftやHTC Vive、およびiOSデバイスなどのハードウェアに対応。ARCoreを搭載したAndroid端末への対応も今後行われる予定です。

「Sumerian」はAmazonの提供するウェブサービス群、Amazon Web Service(AWS)の一部として提供されます。11月27日現在はプレビュー版が利用可能で、プレビュー版に登録するためにはAWSのアカウントIDなどが必要になります。また英語版の製品ページからサンプルシーンをブラウザで確認・閲覧できます。

(参考)
・プレスリリース(日本語)

(更新履歴)
2017/11/28 12:35…Unityプロジェクトインポート対応が今後である旨を追記

関連するキーワード: AmazonSumerian

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!