VR内でコミュニケーションを行うSNS『AltspaceVR』がGearVRとViveにも対応予定

VR内でのコミュニケーションを目指す『Altspace』。VR内で一緒に映画やYouTubeを見ることなど、VR内でのコミュニケーションが可能となっています。資金調達なども行い、積極的な活動を進めています。今回GearVR向けモバイル対応のプレスリリースもAltspaceVR内で行われ、CEOのEric Romo氏がOculusRiftとKinectを使用して、プレゼンテーションを行いました。その翌日にはHTC Viveへの対応も土曜に発表されています。

image00
世界初のVR内プレスリリースでは、GearVR版で使える映像やブラウザ共有といったデモが行われました。デモの中では、UI(ユーザーインターフェース)は表示されませんでしたが、デスクトップ版に似たものになる予定です。

モバイル版では、デスクトップ版に比べるとグラフィック面でわずかに劣ります。しかし、GearVRの側面をタップする事でできる「テレポートステップ」という移動方法がかなり快適とのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=DjefUIrZdEE

GearVRのサポートを表明した翌日、AltspaceはVive対応を明らかにしました。これにより、ソニーのPlaystation VRを残して、主要なHMDのほとんどに対応する事になります。映像を見ての通り、ハンドトラッキングを出力するデバイスにも対応するため、VR空間内で言語を使用しないコミュニケーションも行う事ができます。今まで、Altspaceでは、KinectやLeap Motionといったハンドトラッキングのデモを行ってきましたが、手を見失ったり挙動がおかしくなるなど、ソーシャルスペースでのプレゼンテーションに使用するには不十分だとされてきました。実際にKinectを使用して行われたVRプレスリリースでも、Romo氏の腕が暴れ始めたとのこと。Viveのトラッキングでは、ジェスチャーの入力方式が異なるため、トラッキングのエラーが限りなく少なくなります。

(参考)
・UPLOADVR/AltspaceVR unveils GearVR support in epic fashion
http://uploadvr.com/altspacevr-unveils-gearvr-support-in-epic-fashion

・UPROADVR/AltspaceVR announces Vive support for cross-platform social VR
http://uploadvr.com/altspacevr-supports-vive-for-cross-platform-social-vr

※Mogura VR と Upload VR は、パートナーシップ協定を結んでいます。
 

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/