VRならではのリズムアクション 日本発『Airtone』の公式サイトがオープン

アミューズメントメディア総合学院は、エアーリズムアクションゲーム『Airtone(エアトーン)』の公式サイトを公開しました。同校は、クリエイター育成を主とする専門学校ですが、校内にゲーム開発機関「AMG GAMES(以下AMG)」を有しています。

『Airtone』は、VRヘッドマウントディスプレイのHTC ViveとOculus Riftに対応しています。

AMGはサイトの公開にあわせ、メインキャラクター「ネオン」のキービジュアルも公開。「ネオン」のキャラクターデザインは、アニメ『BLAME!』、『亜人』、『シドニアの騎士』などのキャラクターデザインをしている株式会社ポリゴン・ピクチュアズの森山佑樹氏が担当しています。


『Airtone』では、プレイヤーは空を飛びながら、リズムに合わせて流れてくるノーツを処理していきます。流れてくるノーツに合わせてどのようなアクションをするのかなど詳細なゲームシステムについては現状、明らかとなっていません。

開発にはゲームエンジンのUnreal Engine4を使用し、制作は株式会社ヒストリア株式会社ノイジークローク、アミューズメントメディア総合学院の音楽事業部AMG MUSICが協力したとのこと。

同作は、HTC ViveおよびOculus Riftに対応予定であり、2017年の春頃に発売を予定しています。価格は未定です。

公式サイト
http://airtone-vr.com/

公式Twitter
https://twitter.com/Airtone_VR

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ