Airbnb、ARやVRを宿泊先や滞在先で役立てるシステムを開発

ホテル選びでもしばしば起きることとして、ウェブサイトに掲載されている写真だけではその部屋の広さや雰囲気がわかりにくいことがあります。そんな問題を解決すべく、民泊サービスのAirbnbはVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を利用した部屋の内覧システム、さらには滞在先での案内システムを開発していると明かしました。

AirbnbによればVRは旅の前に、そしてARは旅の最中に利用するそうです。まずVRでは、360度写真と3Dスキャン技術によって、まるで部屋の中や街の中を歩き回っているような体験ができます。

そしてARでは、例えばドアの鍵の開け方やシャワーの温水の出し方、さらにはマグカップの場所や保温装置の使い方を教えてくれます。また言葉の通じない街で迷子になった場合にも、ガイドを表示したり翻訳機能を提供することで、あなたの旅を快適にサポートできるとしています。

実際にホテルを予約する際によくあるのが、写真と実際の部屋の雰囲気が大きく異なることです。これはホテル側が部屋が美しく見える写真しか公開しないことや、レンズなどの撮影テクニックによって奥行き感をごまかすことができるからです。しかし自由に視点を変更できるVRなら、かなり正確に部屋の様子を把握することができるでしょう。

またARによる部屋内の施設の案内は、すでにアップルの新本社などでも、「ARKit」を利用した施設案内コンテンツが利用できます。これはタブレット端末をアップル新本社の模型にかざすと各施設の説明が閲覧できるというもので、似たようなシステムが美術館や歴史的な建物で利用できれば、旅行者にとって非常に役立つことでしょう。

Airbnbは現時点では、これらのARやVRによるサービスがいつ頃、どのような形で提供されるのかは明かしていません。しかしいつの日か、こうしたシステムがAirbnbで利用できる日を待ちたいものです。

(参照)
Airbnb
https://press.atairbnb.com/developing-the-next-realities-for-travel/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

この記事を書いた人

  • IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。
    Twitter:@tsukamoto_naoki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!