Adobe CCユーザー、本格360度動画編集プラグインSkyboxが無料で利用可能に

360度動画に文字を入れるなどの編集を行うツールが徐々に整いつつあります。今回は、クリエイターが多く使うAdobe CCユーザー向けの無料プラグイン「Skybox」を紹介します。

買収により、CCユーザーは無料で使用可能に

2017年6月21日、AdobeはカナダのモーショングラフィックスタジオであるMettleの持つSkyBox技術を取得したと発表しました。もともとSkyBox技術は、ワンランク上の360度映像編集を行うためのプラグインとして開発されました。例えば2Dテキストやロゴの挿入をする際、360度動画は球面に貼り付けた画像になるために通常のソフトウェアの編集では貼り付けた文字が曲がってしまいます。SkyBoxは360度動画専門プラグインのため、VR映像上で文字の編集が可能です。

日本でもフラッシュバックジャパン等で有料販売されていました。買収のため、2017年中にはAdobe Premire ProやAfter EffectsにSkyBox製品が統合され、Adobe Cleative Cloud ユーザーに提供される予定です。しかし、「統合されるまで待ちきれない!」というユーザーは、Adobe社のメールアドレスにSkybox製品をリクエストする事によってプラグインを取得する事ができます。

 

リクエストの方法

Skyboxをいち早く無料で入手するための方法を紹介します。あて先を下記のとおり、件名をSkyBoxに設定します。本文にはAdobeIDに登録しているメールアドレス、氏名を記入します。

確認メールが届いた後、1日〜2日で認証等が終わり「Adobe Skybox Compete Suite Plugin Download」という件名のメールが届きます。このメールの「click here」を押すと、ダウンロードが始まります。


後は、ダウンロードしたファイルを開いてインストールするだけ。


筆者のPremire Pro にもSkyBoxプラグインがインストールされました。

同様の内容は、Adobe Cleative Cloud道場(動画の55分あたりから)でも解説されています。

https://blogs.adobe.com/creativestation/ccdojo-173-vr

手順はとても簡単です。是非SkyBoxをリクエストして、逸早く本格360度動画制作に挑戦してみてはいかがでしょうか。

<参考>Adobe公式
http://www.adobe.com/jp/news-room/news/201706/20170623-adobe-acquires-mettel-skybox.html

関連するキーワード: AdobeSkybox

この記事を書いた人

  • 先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ