Acer、OSVRを採用。独自のVRデバイスとVR向けPCを開発することを発表

PCメーカーのAcerは、Razerなどが主導するVRシステムOpen Source Virtual Reality(OSVR)を採用し、独自のVRデバイスを開発していることを発表しました。

acer osvr

Acerは世界でも売上シェアで5本の指に入る台湾のPCメーカーです。そして、OSVRは、PC周辺機器メーカーのRazerが立ち上げたオープンソースのVRシステムの総称。ソフトウェア、ハードウェアともオープンソースであることが特徴です。OSVRには既に350以上のハードウェアメーカー、コンテンツメーカー等が参加していますが、Acerはその中でも最も新しく参加した企業となります。

AcerはこれまでVRに関してはR&Dの段階にありましたが、いよいよデバイスを開発し、VR業界への参入を図るとのこと。OSVRを採用した理由を「他の技術との対応状況などを心配する必要がないエコシステムである」ためとしています。

今後どのようなデバイスが登場するのか注目です。

(参考)
OSVR Community Forums
http://www.osvr.org/forum/viewtopic.php?f=2&t=3842

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/