Acer、OSVRを採用。独自のVRデバイスとVR向けPCを開発することを発表

PCメーカーのAcerは、Razerなどが主導するVRシステムOpen Source Virtual Reality(OSVR)を採用し、独自のVRデバイスを開発していることを発表しました。

acer osvr

Acerは世界でも売上シェアで5本の指に入る台湾のPCメーカーです。そして、OSVRは、PC周辺機器メーカーのRazerが立ち上げたオープンソースのVRシステムの総称。ソフトウェア、ハードウェアともオープンソースであることが特徴です。OSVRには既に350以上のハードウェアメーカー、コンテンツメーカー等が参加していますが、Acerはその中でも最も新しく参加した企業となります。

AcerはこれまでVRに関してはR&Dの段階にありましたが、いよいよデバイスを開発し、VR業界への参入を図るとのこと。OSVRを採用した理由を「他の技術との対応状況などを心配する必要がないエコシステムである」ためとしています。

今後どのようなデバイスが登場するのか注目です。

(参考)
OSVR Community Forums
http://www.osvr.org/forum/viewtopic.php?f=2&t=3842


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii