B2B活用に期待 米国では85%の企業がVR活用を模索

技術関連の市場調査会社であるABI Researchのレポートによると、米国を拠点にした企業の多くがビジネスでVRを活用することに関心を抱いているとのことです。

米国企業の85%がVRの活用を模索

同社は今回の調査において、455の米国に拠点を置く企業を調査し、調査対象となったマーケットは9つに及びました。その結果、現時点では調査した企業の4%がVRを事業に取り入れており、85%はVRがビジネスにもたらす可能性を探りはじめた段階ということが明らかになりました。

ABI Researchの主席アナリストのMichael Inoue氏によると、「B2B市場にVRが普及するには、コンシューマー市場にVRが普及するよりも長い時間を要するが、予想よりも速いペースで普及しつつある」と語っています。

当面はコンシューマー市場を中心に成長、やがてB2B中心に

現在、VRの活用がもっとも見込まれている分野はヘルスケア、小売、自動車、輸送、消費財などの各業界であり、またトレーニングや試験、マーケティングといった業務でのVRの普及が見込まれます。

同社のマネージングディレクター兼副社長であるSam Rose氏によると、「予測では、今後5年間はVR市場はコンシューマーを中心に成長するが、最終的にはB2B市場でのVRの普及率が、コンシューマー市場のそれを上回る」とのことです。

(参考)
VRFocus / US Business Has A Strong Interest In VR Technology(英語)
https://www.vrfocus.com/2017/08/us-business-have-strong-interest-in-vr-technology/

Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

関連するキーワード: ABI Research

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ