24時間360度ライブ配信が可能な全天球カメラ「RICOH R Development Kit」出荷を開始

株式会社リコーは、24時間連続で360度の全天球ライブ配信が可能な「RICOH R Development Kit」の出荷を2017年6月16日より開始したことを発表しました。

「RICOH R Development Kit」は、2Kの解像度で30fpsの全天球ライブ配信が可能です。2つの魚眼レンズを駆使し、カメラ内でリアルタイムで360度のスティッチングが行われています。撮影された映像は、HDMIやUSBを通して出力が可能です。

本カメラは、ACアダプタを使用することで24時間連続で稼働できることが特徴となっています。現行モデルである360度カメラ「RICOH THETA S」の動画記録性能は、2Kの解像度で30fps、連続稼働時間が最大25分となっており、RICOH R Development Kitの長時間稼働は魅力的です。価格は59,800円(税込み)。

また、今回の発表にともないWEBにて下記の内容を公開しました。
・映像コントロールツール「RICOH R Console」(PC/Mac用)
・GitHubにてRICOH R Consoleのソースコード
・YouTubeへの360ライブ配信ガイドブック
・開発者向けのユーザーズフォーラム
・その他の技術情報、ツール類

商品の概要

「RICOH R Development Kit」

映像品質

1920 x 960, Equirectangular Projection Format, 30fps

映像出力端子

マイクロHDMIタイプD, マイクロUSB

音声出力

内蔵モノラルマイク

映像記録メディア

マイクロSDカード, 32GBまで

映像記録フォーマット

MP4

映像記録時間

通常モード約30分、長時間モード約60分(録画可能はファイルサイズは最大4GB)

外部電源入力端子

マイクロUSB

ACアダプター

5V/1.5A以上のUSB用ACアダプター使用

動作温度

0度から40度(24時間連続動作は30度以下)

外形寸法

46mm(W)×118mm(H)×22.9mm(D) レンズを含む

質量

125グラム

本体同梱品

スタンド、キャリングケース、USBケーブル×2

なおリコー社員が「RICOH THETA S」を使用して、七大陸最高峰の一つであるエベレスト山の頂上にのぼり撮影した360度写真が話題を集めていました。

(参考)
http://ricohr.ricoh/ja/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ