ノキアの360度カメラOZOが30万円でレンタル可能に

1月30日、ハイエンド映像制作におけるソリューション提案を業務とするエヌジーシー(以下NGC)は、Nokia Technologies Ltd.と販売代理店契約を締結し、Nokia製プロ向け360°VRカメラ「OZO CAMERA(オゾ カメラ)」の日本国内での出荷を開始しました。また、販売と併せ、2月1日より必要機材一式のレンタルサービスを開始します。

「OZO CAMERA」は、プロ用の360度カメラです。8つのカメラと8つのマイクを搭載していることが特徴です。また、「VRリアルタイム・モニタリング機能」を搭載し、撮影中の映像をHMDでリアルタイムに確認することができます。最近では、オバマ大統領の退任演説の360度生中継に使用されました。

日本ではすでに株式会社アスクと、三友株式会社が550万円で販売を開始しており、NGCの取り扱い開始により、国内で3件目となります。

「OZO CAMERA」の詳細なスペックはこちら(英語)

製品販売およびレンタルサービス概要

NGCに問い合わせたところ、「OZO CAMERA」だけでなく、必要機材としてNGCが組んだワークステーション、オプションとして、デジタルカードリッチの販売も行っており、レンタルは、上記の3つを別々にレンタル可能であるとのことです。

価格表

カメラ本体ワークステーションカードリッチ
販売価格550万円100万円64万円
レンタル(一日)30万円20万円1万5千円

また、NGCはデモンストレーションルームを新たに開設予定です。(3月オープン予定)

「OZO CAMERA」は常設する予定で、「お持ちの機材との接続検証や、他社の360度カメラを持ち込んでの比較も大歓迎。」とのことです。

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ