2020年に最大のVR/AR市場は中国になる?

IDC(International Data Corporation)は、2020年までに、ハードウェアの生産ラインの発展や各産業の協力が加わることで、中国は世界最大なVR/AR市場になるとの予測を発表しています。

DeepoonVR

IDCの中国リサーチ責任者Neo Zheng氏はこう述べています。「アメリカは技術開発面においてはトップに立ちますが、VRが最も使われている国は中国です。ゲーム、ビデオ以外に、中国のVR/ARメーカーは教育、不動産、製造業、デザイン、医療などの領域においても協力を進めています」

データによると、今年の中国におけるVRHMD出荷量は60万9000台で、2020年までは1,550万台に伸びるとのこと。ARデバイスの中国の出荷量は3,000台で、2020年には280万台まで伸びると予測されました。

上述の出荷量にはVRゴーグルの数も含まれており、世界における出荷量データは2016年ARとVRHMD合わせて1,030万台、2020年には7,600万台に達するとのこと。

同時に、中国には100社以上のVRHMD関連会社があり、3Glasses社、DeepoonVR社、Pico社、Hypereal社などのVRHMD会社は発展し、中国ではXiaomi、Huawei、lenovoなどのスマホメーカーもVR/ARをめぐる競争に参入する姿勢を示しています。

(参考)

人口大国的力量 IDC称中国将成全球最大的VR/AR市场

http://news.87870.com/xinwennr-17477.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ