SuperDataとUnity Research、2016年のVRHMDは総計630万台出荷との推計


SuperDataとUnity Researchは、2016年のVR市場が総収益18億ドル(約2,000億円)、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)の販売台数は総計630万台とするレポートを発表しました。

PC・コンソールVRが11.2億ドル、モバイルVRが6.8億ドル

2016年はVR元年とも言われるほど、多くのVRHMDやコンテンツがリリースされた一年でした。

Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRといった据え置きハード対応のHMDから、Gear VR、Daydream(国内未発売)など手軽なモバイルHMDまで、多くのユーザーがVRコンテンツに触れる機会が増えました。

SuperDataはUnity Technologiesと共同で「Can’t Stop, Won’t Stop: The 2016 Mobile and VR Games Year in Review」というゲーム及びVR市場に関するレポートを発表しています。

調査結果では、VRの初年度の売上高は18億ドルで、そのうちPC向けVRは7億1800万ドル、モバイルVRは6億8700万ドル、コンソールVR(PlayStation VR)は4億1100万ドルであると報告しています。

なお本報告書では、総額にはGoogle Cardboardは含まれていません。

HMDの販売台数は630万台で、その大半がGear VRで451万台、続いてPlayStation VRが75万台、HTC Viveが42万台、Daydreamが26万台、Oculus Riftが24万台でした。

VRコンテンツの4割超はゲーム

コンテンツという観点から見ると、2016年のVR市場のうち44%はゲームが占めていました。

VRコンテンツの平均的なセッションはモバイルゲームと同じほどの長さで、ユーザーは月に約40回起動しています。1セッションは短く約10分間としていましたが、ユーザーは平均して1日に1回以上プレイし、特にモバイルVRユーザーは月に約50回ヘッドセットを利用したとしています。

(参考)
VRFocus / SuperData and Unity Research Finds Total Revenue During 2016 for VR was $1.8 Billion(英語)
http://www.vrfocus.com/2017/02/superdata-and-unity-research-finds-total-revenue-during-2016-for-vr-was-1-8-billion/

※Mogura VR は、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ