2016年末時点版、ARの最新業界マップが公表

アメリカのVR/ARに特化したベンチャー・キャピタルThe Venture Reality Fundは、2016年第4四半期時点のARに関する業界マップ「AR Industry Landscape」を公開しました。

3レイヤーに分けての業界分析

全て英語になっていますが、この業界図ではInfrastructure(ハードウェア等のインフラ)、Tools/Platform(ツールなどのミドルウェアとアプリを配信するプラットフォーム)、Application(アプリケーション)の3つのレイヤーに業界を分けて企業を分類しています。

Infrastructureには、HoloLensを開発しているマイクロソフトや他にもデバイスを開発中のMagic Leap、Meta等が並んでいます。また、Tools/Platformにはコンテンツ開発のプラットフォームということで日本からkudan社の名前が見受けられます。

ApplicationではIKEA等が名を連ねていますが、産業用にも可能性を秘めているだけに、ここに挙げている以上にもう少し多くの分野で取組が行われているのではないかと思われます。今後さらに多くの企業が増えることに期待したいところです。

同ファンドは、VRに関しても「VR Industry Landscape」を公開中、最新版は2016年8月にアップデートしています。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ