「2015 Unity Award」にVR部門が登場。エントリーを受付中

ゲームエンジンUnityを提供するUnity Technologiesは、「2015 Unity Awards」の受付を開始しました。3Dグラフィックス部門やゲームプレイ部門、ノンゲーム部門など様々な部門が用意されています。今回から新たにVR部門が設けられました。

受賞作品はこの9月にボストンで開催されるUnityの開発者向けイベントUnite 2015にて発表されます。

th_nlog-header-560x200

エントリーは7月31日まで。ウェブ上の応募フォームより情報を入力してエントリーできます。

応募フォームはこちら
http://unityawards2015.unityproposals.com/

VR部門の新設にあたり、Unityは「VRはまだ非常に新しいメディアで、公開されているコンテンツもまだまだ少ない状態です。開発中の作品でも提出を受け付けています。審査は、提出されたビルドを元に行います」とコメントしています。

6作品が最終選考に選出されますます。最終選考では、ユーザー投票で50%、Unity社員が50%の票を投じ、選出されます。

VRコンテンツを対象とした表彰は徐々に増えつつあります。Oculus VR社によるGear VR向けのMobile VR Jamが開催されたばかりです。また、国内では明日、国内のVRコンテンツを表彰するVRクリエイティブアワードの授賞式が行われます。VRコンテンツの認知度も高まるか注目したいところです。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/