東京五輪当時の渋谷 VRで再現

東京オリンピックが開催された1964年ごろの渋谷の写真を個人や企業から収集し、当時の街並みをVR化するプロジェクト「1964 SHIBUYA VR」が一般社団法人1964 TOKYO VRによって進められています。

2020年に向けて新しい姿に生まれ変わろうとしている「渋谷」。「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトは、その渋谷が1964年東京オリンピックの時、どのような風景だったのかを当時の写真から街並みをVR化していくものとなっています。


1964年当時渋谷エリアで撮られた複数の写真をもとにした3Dモデリング

本プロジェクトにおいては、オートデスク株式会社が展開する写真クラウドサービス「ReCap Photo」が使用されています。同サービスは、複数の写真から3次元データを作成して「記憶の中の街並みを3Dモデル化」することができます。

1964 TOKYO VRでは現在、1964年から前後10年を含む、20年の渋谷の写真を募集しています。写真は撮影場所や年代、思い出などの情報と一緒に投稿フォームから送るものとなっており、多くの写真が集まるほど3Dモデルの精度が上がっていくとのことです。

なお同団体は、プロジェクトな展開を図るため活動を支援する個人、法人の一般・特別賛助会員を募集しています。賛助会員になると情報提供・3Dデータ化の要望・体験会への参加などの特典が用意されているとのことです。賛助会員の詳細は公式サイトより。

(参考)
1964 TOKYO VR
https://1964tokyo-vr.org/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 1964 SHIBUYA VR1964 TOKYO VR

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com